和歌山県栄養士会とは


| 和歌山県栄養士会とは | 主な活動 | 会の歩み | 組織図 | 職域事業部について | 定款 |

和歌山県栄養士会とは

「和歌山県栄養士会」は、栄養士免許取得者の職能団体であり、公益法人です。
県内の様々な場所で活動する栄養士の窓口の役割を果たすとともに、栄養士一個人では難しい活動をサポートします。
また、県民の皆様が、そして栄養士自身が、『食』で幸せになることを願いとし、力を合わせて活動してまいります。
▲topへ  

主な活動

  • 管理栄養士・栄養士の資質の向上のための活動(研修会の企画・開催等)
  • 県民の健康・福祉の向上を図るための活動(栄養改善知識の普及等)

▲topへ  

会の歩み

昭和24年(1949年) 日本栄養士会和歌山支部として、会員数13名から発足。
昭和59年(1984年) 社団法人となる。
平成25年(2013年) 公益法人として新たに歩み始める。
▲topへ  

組織図

準備中   ▲topへ  

職域事業部について

栄養士会には、以下の7つの職域事業部会があり、会員はいずれかに所属します。
医療学校健康教育勤労者支援研究教育公衆衛生地域活動福祉
※各事業部の活動やお知らせは、会員専用サイト(サイト右上『会員ログイン』)でご覧になれます。  

【医療職域事業部】

主に、病院やクリニックなどの医療機関で、患者様の栄養・食事管理や栄養指導に携わる管理栄養士・栄養士が所属しています。
 日進月歩する医療、疾病構造の変化、洋風化や簡便化する食生活の中で、食事療法の重要性は再認識されています。
当事業部では、医療の担い手としてチーム医療の中で専門性が発揮できる管理栄養士を目指して、事業部独自でも、最新の知識や技術を習得するため専門性の高いセミナーを開催しています。
これからも、部員一人一人のスキルアップを目的にセミナーを企画していきますので、皆様のいろいろなご意見をお聞かせ下さい。
療職域事業部の活動を充実させていくためにも、一人でも多くの会員の参加をお待ちしています。
△「職域事業部について」topへ  

【学校健康教育職域事業部】

主に、幼稚園、小・中学校などの教育や給食の現場や、それらに関わる行政機関、団体で働く管理栄養士・栄養士が所属しています。
△「職域事業部について」topへ  

【勤労者支援職域事業部】

主に、産業・矯正・防衛等の分野(※)で働く管理栄養士・栄養士が所属しています。
※事業所、学校の食堂、寮、寄宿舎、防衛施設、矯正施設等の栄養管理に関する部門や、病院・学校・福祉施設などで給食業務を受託している給食会社等。
△「職域事業部について」topへ  

【研究教育職域事業部】

主に、管理栄養士・栄養士養成施設、その他の教育機関や試験研究機関、 企業の栄養・食品開発等の研究部門・広報部門で働く栄養士・管理栄養士が所属しています。
現在、本県では、養成施設が一校のため部員が少なく、是非研究機関の方々のご入会を願っています。
△「職域事業部について」topへ  

【公衆衛生職域事業部】

主に、県、保健所、市町村保健センターなどで、 地域の皆さんの健康を考えて、栄養指導や保健事業を行っている管理栄養士・栄養士が所属しています。

県、保健所では

  • 県民健康栄養調査や地域診断を行って地域の健康状態を把握し、問題点を解決するための事業を組み立てて実施しています。
  • 病院、社会福祉施設、学校、保育所など給食施設へ定期的に巡回し、栄養面や衛生面の指導をしています。
  • 食品や外食の栄養成分表示を推進しています。
  • 食育や健康に関する機関や団体のネットワーク作りを行っています。

 市町村では

  • 市町村の状況を把握し、健康増進計画や食育推進計画に基づいた健康づくりを推進しています。
  • 妊婦さんの食に関する相談をしています。
  • 乳幼児健診での離乳食などの相談や教室を開催しています。
  • 特定保健指導などの栄養指導をしています。
  • 生活習慣病予防の栄養相談や教室を開催しています。
  • 食生活改善推進員(食育を推進するボランティア)の養成をしています。

△「職域事業部について」topへ  

【地域活動職域事業部】

主に、地域住民を対象に自営又は非常勤で栄養改善指導を行う管理栄養士・栄養士が所属しています。
初心からベテランの栄養士・管理栄養士が活動しています。

 主な活動内容

  • これからパパ・ママになる方の『両親教室』での栄養相談
  • 望ましい授乳や離乳食の指導(市町村)
  • PTA主催の保護者様の食育活動、料理講座
  • 定年後の男性を対象とした料理教室
  • 高齢者の方の食事作りにかかわる公民館主催の料理講座
  • 健康まつりでの食事相談
  • 『特定健診』受診者への『特定保健指導』等

健康長寿のための道しるべとなる食事の指導・相談を行っています。
教室の講師、イベントでの食事相談担当者等をお探しの場合は、ご相談下さい。
△「職域事業部について」topへ  

【福祉職域事業部】

主に、保育所等の児童福祉施設、社会福祉施設、介護保険施設等や それらに関わる行政機関、団体で働く管理栄養士・栄養士が所属しています。

 主な活動の場と役割

  • 児童福祉施設では、「食育」の担当者として、大きな役割が得られています。
  • 介護保険施設、障害者施設等では、「栄養ケア・マネジメント(※)」の中心的役割を担っています。

※「栄養ケア・マネジメント」 介護保険制度において、平成17年10月から始まった栄養改善のための体制。
様々な職種の医療スタッフの意見を吸い上げて、施設の利用者1人1人に合った栄養計画を立て、 経過を観察、結果を評価し、必要に応じて計画の見直しを行っています。
「栄養ケア・マネジメント」が確立されたことにより、益々、私達栄養士が中心になった「栄養改善」の取り組みが必須となりました。

 事業部主催の研修会について

今後の研修会については、他の事業部の協力を得ながら開催していきますので、ご参加よろしくお願い致します。
活動の場が幅広いため、個々の研修に対するニーズの違いがあるかと思いますが、 皆様のニーズに研修会の内容を合わせられる様に企画していきたいと考えております。
△「職域事業部について」topへ
▲topへ    

定款

  • 定款(作成日:平成25年3月25日)(pdfファイル 245KB)
  • 施行細則(作成日:平成25年3月25日)(pdfファイル 183KB)

ご入会はこちら ▲topへ